Jマイケル・バリトン(中国製)

なんか・・中国ネタ多い気がするけど中国製はネタ満載なのでしょうがないw

今回はJマイケル・バリトン君。

実は扱うのは2台目。1台目もネタ沢山あり苦労しましたが今回はどうだろ?思いながらバラしましたが・・やはりありましたw

こんなの見たの初めてだなぁ~w以下写真のキーガタ。・・というか・・ポスト取付位置が酷いのだな。

オクターブ部分なのですが何かの拍子でオクターブ音溝塞がらない不具合でるでしょう。直しは下の写真のようにポストを移動して直すのが一番良いだろうなぁ~・・

キーガタを確認しながらバラしているのですが少しぐらいのガタではもう驚きませんよw(いやはや・・沢山ありましたね~w)

次に酷かった部分は・・・

これ・・・わかりますか?図のように陥没しているのです。陥没して近くのトーンホールも歪みまくり。トーンホールも楕円形w・・・ちなみに・・ユーザーが何かの拍子に凹ませたとは思えない、多分購入時からですね。

んで修正しました。

トーンホールの歪みはなにも中国製に限った事ではなくセルマⅥなんかも偶にありますよ。でもね・・中国製は殆どなんですwしかも!一見見た目で解る酷さw

今回は2見ぐらいの酷さですかね?(上の凹み関係は論外w)

わかるでしょうか?見た目解らないのは下の写真。

んで・・中国製はバラしたら必ずトーンホール削ります。(中国以外は汚れ取りぐらい)これをやらないと後でパット合わせる時に苦労して泣きます。下の写真のようにトーンホールを赤く塗り少し削って歪みを見ます。歪みが無ければ少し削ったら赤が消えますが歪んでいると凹んでいる部分が赤く残ります。

Aキー

Gキー

どこかな?G#?

Dキー

いあ・・普通々w。こんなの慣れてますよww・・・・。

でもね・・新品状態で試奏して買うと普通に吹けます。少しのキーガタは偶にキーがずれてミストーン出るでしょうか?(上のはずれたら酷い音になるけどねw)トーンホールの歪みはパットを無理やりトーンホールに合わせて塞いでますので問題なしw

問題出るのは数年気づかずに使って調整する時。

パット合わせられない・・というか無理やりはいかんでしょwんじゃ・・上のようにトーンホールから調整しましょか?という事になる。少しの調整がオーバーホールレベルの事をしなくてはならない・・・。金額が掛かるか?リペアそのものを受けないか?当店は割増という事にしております。

直したら良い楽器になりますよ~。基本的なトーンホールの位置・大きさ・ポスト・部品はホボ定番でしょう。いくら中国製でも基本設計から酷いのは御座いませんw問題なのは作り方が雑なんです。一般の方は直す事ができないので楽器安くても修理代でえらいお金がかかるでしょう。だったら台湾製の出来が良いやつを買うべきです!

「音がいいから買いました・・」いいかも?しれない・・でも・・不完全品です。

近年中国製は良くなっております。

丁寧に作るメーカーもございます。

でも・・今の時点では一般の方々は中国製を買わない方が良いと思います。(リサイクル店で買うのは論外w)↓(その件でネタありましたw)


お客様から聞いた話。お客様はサックスに興味を持たれてサックスを買おうか?迷ってました。ある時リサイクル店に行ったら某メーカーのサックスが置いてあり「試奏させて下さい」と言いました。すると店員・・・・。

「本体の上に付いている部分が無いので試奏出来ません」

ですとw

渋ると・・リサイクル店店員強気でそれでも「売れちゃいますよ?」ですとw

お客様にメーカー聞くと楽器店中古相場と同じぐらいの価格だったらしい。

「ネックが付いていないのは吹けません!楽器(サックス)でないです!」

ネック付いてなくて相場の半額なら解るけどね~・・笑っちゃいましたw

偶に良いのありますが・・その後のリペア料金考えてリサイクル店で買われたら良いと思います。

これは学割特別ねw

最近ジャズにご不満な店主です。

なんかジャズを感じないのですよ・・・不感症かな~・・?フリでもいいから「熱い演奏しているんだぜ!」みたいなところが欲しいです。静かでも熱い演奏ってあるんだよなぁ~・・演奏者で汗かいているのドラムだけだしねw

あ~・・音楽的にはプロはもちろん良いですよ素晴らしいです。でも・・クラッシックやポップスみたい~(と書いたらそのジャンルの人に怒られますね)JAZZってただの名前だけどなんか僕にとっては特別だったんだけどね~。(例:おたく何の音楽好きですか?—>僕:「JAZZが好きです!」ってね)今はJAZZ嫌いなんじゃないか?と思えるw

というわけで最近はジャズ聞かずにYOUTUBEで「NPR Music Tiny Desk Concert」を聞いております。


FACEBOOKで書いた「間違って総バラし」のその後。

まぁ学割です。熱い演奏「僕(このサックスは女性が持ち主なので「私」)って最高!・僕(私)ってシブイわ~と入れ込めるような演奏」して貰えるように楽器を良くしておきましょう。

バラして良かったです。

〇芯金のオイル切れかけ 〇タンポ汚れ 〇トーンホール歪み etc見受けられました。

タンポは

(清掃前)(清掃後)

みたいな感じで汚れ落とし。

トーンホールの汚れと歪みは

(処置前)

(処置後)

トーンホールの汚れぐらいは割とよくある事で汚れを取ってお終いの時もありますが今回はトーンホール怪しいので全部平らに削りました。特にLowCは酷かった・・これ底部分凹みなどがありその時歪んだのかな?

上の赤線部分を持ち上げてそのうえで削り処理してます。

削ったままにしていたらそのうち錆てくるのでうちではある塗料(普通の塗料でないです)を塗って処理します。(多分・・うちだけだろうなぁ~)この塗料便利で結構多様しますね~すごい便利です。(熱に強くて早乾燥)

うちはほぼサックス専門みたいな感じなので安くてもやる仕事ですね~慣れてますので。やはり専門の方にお願いするのが良いかも?です~。(大きな楽器店はその点いろんなリペアマンがいて頼もしいですよね)

っと最初にグチ書きましたがライブに行って一番煩い事言うのは「ピアノ」です。サックスは自分も演奏するので事情がわかるのですが他の楽器は事情わからないので自分の趣味に合わないと辛口なんですw(あくまで自分の趣味に合わないだけで皆素敵なピアノなんですけどね~w)

2017!明けましておめでとうございます。

新年明けて11日に・・「明けましておめでとうございます!」もなんですが・・・・。

全然ブログ更新しておりませんでした、前回が2015年9月ですかw

ちゃんと営業しております!頑張ってます!

今年はFACEBOOKだけでなくブログもHPもサクサク更新していきたいな・・・と思う次第でありまして・・・

FACEBOOKは日常の小話やら新入荷商品情報。

ブログは何か別なテーマで送れれば良いのですが・・どうしよう?

 

お世話になっている工具

DSC01488

↑なんの治具でしょう?

・・・・・・

ビンテージ品なんて扱っているとネジが固着している事普通にあります。たいていオイル付け炙ると回るのですが・・・どうしても回らない頑固なネジあります。んで・・ネジ山なんざボロボロ・・・・・。

んで・・・ネジ山を新たに作ることが多いのですがその時に便利な「ネジ山作り治具」です~。

DSC01489

こうやって挟んで。

DSC01490

 

ねじ山を糸鋸で作ります。もちろん「+」も作れます~。

DSC01493

良かった・良かった・・無事作り直し出来上がり。

今回芯金をダメにしました(↑反対側オスネジ側が破損)芯金を新たに作り直さないと・・・と思っていたのですが偶々サイズが合う芯金が見つかり長さだけ違ったのでネジ山を作る作業だけで済みました。

合うサイズが無かったらステンレス丸棒より芯金作ります。その時必要なのが↓

DSC01494

↑があれば大丈夫 ^^)・・これ、もしもの時に重宝するのでお宝です ^^)