さらば東京

在京中お世話になった方々がご覧になっておりましたら。「お世話になりました~!!これから一人立ちして頑張りま~す!!」

という事で。11/29(金)をもちまして東京編お終い。次の投稿は雪が降る札幌編になります(寒い~・・・)

さて、東京編最後のネタですね~。

引越し作業をしながら何をしているか?・・と札幌で修理を行うにゃ工具・備品が必要・・・・っとその調整しておりまして。タンポやらコルクやら工具やらネットを歩き回り物色しておりました。日本の工具屋さんが常識的な価格で売っているのであれば・・・こんな苦労は・・・。米国のリペア工具は日本の半値ぐらいです。多分送料込みでもお得なんでしょうね。

「値段が安いだけに品質が悪いのでは?」と言われる方もいるかも?しれません。「日本の工具は特殊な加工を施してありなんちゃら・・・・」と言われる方もいるかも?しれません。でも、僕は都市伝説信じませんしなんでも慣れれば安かろうと良いのですよw

んで、VOTAWという知る人ぞ知るリペア工具屋さんに工具発注!もちろん予め物色しリストを作り無駄な物は入れません。ドキドキしましたが・・・・・。

かんた~ん!!

まずユーザー登録。送り先などなど・・日本もリストにあります。

VOTAWのサイトで欲しい品をカートに追加—->確認画面にて送料も表示されよければ次へボタン押す—->支払い方法を選択(PAYPAL・カード・振込み)僕はPAYPAL選択し決済—>お終いw

次の日(今日)朝、起きますと何やらVOTAWからメールが・・・?英語を恐れちゃいけませんぜ!今は翻訳ツールという便利な物が。んで翻訳ツールの怪しげな日本語を解読すると・・。 「500ドル以上の初回買い物は銀行振り込みにしてけれ、判ったかこの薄らトンカチ!」と書いてありました。同じ翻訳ツールで「判ったよ面倒だな、支払いは札幌帰ってからの5日後だボケ」と怪しげな英文を作り返信しましたw

—–

話変わり・・・最後に旅行行ってきました、遠く離れた知人を訪ねに。

音楽仲間でその知人のまた知人がSAX吹き。最近楽器で大変な目にあっていると・・・。

ビンテージ楽器を某販売超有名店で買いました–>調子悪いのでSAX調整某超有名店で調整してもらいました—>暫くするとまた調子悪くなり有名アーティスト紹介の地方店で調整—>暫くするとまた調子悪くなり現在に至る。(僕と会った2~3日後に再度地方店に調整の為送る)

たらい回しですね・・・・。会ってSAX見せてもらう・・・酷いんだ値段聞いたら7万ぐらい取ってタンポ交換もしてないや・・・。(リークライトで点検はしなかったけどキーの閉まり方は良かったよ・・って最後の地方店が良いのかな?)

僕のユーザーはこんな目に合わせたくないし・・そうならないようにしっかり調整しないと!っと帰りの車中で決意新たに湧き起こりました。・・・それと・・・

チャンス!

と思ったね。超有名店慢心してんじゃね?褒め殺しにあってんだよwってね始めたばかりの地方店がチャンス!と思ってもしょうがないのですがw東京で凌いでいる方々チャンスですよ~!!

まだネタが・・w

SAX系サイトグリグリしてたら面白いサイト発見!

タンポの事で調べてたのですがタンポの堅さについて「堅い方が難しいが良い」と書いてありました。僕も同意見、共感したので読み進めると・・・・・

ズバズバ物言うね~!!wなんか爽快w

上記、超有名店(名前はもちろんあげてないが)でたらい回しになったお客様がたどり付く先らしい。爽快だったのが楽器の音程について・・・楽器だけのせいにしておりませんか?と問われておる。これ・・言いたいけど言えないよねw

ん~・・ズバズバ言えるだけの実力あるんだろうなぁ~。僕も頑張るぞ~、でもズバズバ言わないよwなんて事ない人だけど実はスゴイ!って~のカッコイイでしょw(僕はブログ書いている時点でアウト!w)

エンドキャップ・・。

SAX吹きならご存知「エンドキャップ」

オクターブキーを保護する大事なキャップですね~。

最近「木製」のお洒落なキャップも売られておりますが楽器メーカーのキャップはプラスティック製。

さてさて・・・そのお値段ご存知ですか?

ヤマハ・・・・アルト用で定価340円・・・・まぁこのぐらいの値段かなぁ~。

ヤナギサワ・アルト用はHOW MUCH !!

なんと!2000円!!!!!!

酷い値段だぜ・・・・でも?まてよ!世界のSAX専門一流メーカーのYANAGISAWAならエンドキャップにも一工夫しているはずだ!

素材がプラスティックに見えるセラミックだとか!特殊な燃えにくいプラスティック!環境にやさしい土に溶けるプラスティック!プラスティックコーティングのブラス製!

いや~・・ただのプラスティックのはず無いよね。

画期的なエンドキャップなんだよ。

音質改善機能付き。

響きがね。

・・・・

ん~・・・でも・・ただのプラスティックに見えるのは気のせい?w

ヤナギサワユーザーの皆様くれぐれも楽器壊さぬよう慎重に!

ヤナギサワはむっちゃ部品高いです!

——————————————————————————–

ついでに言わせてもらえば・・・。

楽器用サードパーティの部品も都市伝説風なのあるよね。

響きが良くなるネジ・オイル・・・・etc

どうなんでしょうかね?w

ちなみに僕は都市伝説ネジ付けてますw

感想は・・・・オシャレじゃんw

ハセカン修行残りわずか。

「ハセカン・ナリカン合同無料調整会・管楽器フェア」が終わり。修行期間最後の山場を越えた感があります。

・・・っと気がゆるんでいる場合ではなくあと2週間しっかり最後の点検していかねば・・・

これがハセカンで作業する最後のSAXかなぁ~?

DSC00648

 

ida maria grassi アルトSAX

です。

10/11投稿したida maria grassiさんの部品取り用に仕入れたのですが・・こちらも勿体無くなり修理することに。

イタリア製でお洒落ですね~wパットが緑色。キーローラーも緑。ネックのロゴも緑。安い買い物にしては作りはしっかり、わりと良い部材使っている感がありました。(台湾中国の安物とは違いますね~・・ミドル機は最近良いけどね)

これは管体もうボロですね~・・・どうせボロなら10/11投稿の個体の方が腐食具合が美しいです。残念ながら緑色のオリジナルタンポは使い物にならず今回通常のパットに取り替えられます。どんな音がするのかなぁ~?米国SAXとは違う音がしてくれれば良いのですけどね~

 

Conn26m,Buescher BicB,Orpheo Pro Model 301-BB

先日告知しました「ハセカン・ナリカン合同無料調整会・管楽器フェア」にタイトル楽器を出展いたします。

なんとか間に合ってよかった~

僕以外の出品も多数!

んで・・今日ハセカン秋葉原工房に出品楽器が運び込まれたのですが・・「結構あるね~、安いね~。」と。

古いもの好きの僕として気になったのが・・

○Amaty(アマティ)チェコのメーカーだっけかな?カイルベルズが昔製造したこともあったような?そこのメーカの古い機種

○マーチン・コメ3・テナー・・・大好きなマーチンさん最近安くなったの~・・。17万だっけな?

○アメセルMk6 S/N6万台!・・100万円ですとwそれぐらいするよね~、安いのか?高いのか?判りませ~んwなんにせよ僕には高嶺の花ですw

主催のナリカンさんのHP・Twitterアドレスを載せます。Twitterに出展楽器を載せてますので是非ご覧下さい。

Twitter : https://twitter.com/nari_ko_bo

ナリカンHP:http://nari-ko-bo.jimdo.com/