タンポの末路

もう・・あれね・・これで楽器使えてたのが不思議。

ヤナギサワSC800のタンポ交換作業なのですがこれ購入時からタンポ変えてないオリジナルタンポです。皮が水吸って硬くなりタンポとカップを接着しているシェラックというのも痩せていつ脱落してもおかしくない状態。

SC800ですから1977・1978年ぐらいでしょうか?タンポ年齢40歳ぐらい?wwタンポの寿命はメンテの仕方によって違いますがおよそ5年~10年でしょうか?とはいえ・・僕は頻繁にタンポ交換するのは良くないと思ってます。せっかく綺麗にトーンホールとの当たり部分が凹んで密着性が良くなっているのにまた一から凹みを付け直すのはいかがな物かな?と思います。

セルマⅥとかのオリジナルタンポに拘る方もおりますが・・アホな所に拘らないでさっさと交換するべきですww

中古楽器をヤフオク・フリマで買う時一番注意したいのはタンポ状態でしょうね~。タンポが死んでいたらフル交換するはめになりかなりの出費になるからです。先日3万円程でヤナギサワの古い楽器を買った人が当店に持ち込みましたが本来ならオーバーホール10万ぐらいかかりそうでした(当店はそんなにかかりませんが・・それぐらい言ってもおかしくない・・という事)。オーバーホール+購入代金でちょっとした現代楽器買えますもんね。

今までヤフオクなどで楽器を購入していて10年以内ぐらいの製造物でしたら大丈夫そうでしたがそれ以前だと酷いのも多くなってきます。お気をつけください。

明けおめから早11日ですか~

今・・と~ても忙しいのです。忙しい事は良い事なのですが年末年始休んでなければ楽だったのかも?・・・。

それでも、お客様の預り品を一通り調整し終わりまして今日から「購入するかも?しれません」商品のオーバーホールに入りました。

「購入するかも?しれません」なので「購入しない場合」もあります。でも、それでいいのです、何かお探しの方は気軽に「買うかどうかは判らないけど・・調整しておいてもらえませんか?」と言ってもらえた方がありがたいのです。本当は言われる前に売り物として調整されてないといけないのだが・・・いつもご不便お掛けして申し訳ございません・・・。

タンポ交換中

依頼のあったのはSELMER SE2 ALTO。当店の中古品はこのように大抵の場合タンポ交換済みで売ります。上級機種はプロ仕様パット・中級機種は物によってレギュラー品、今回はシャヌーの高級パットです。管体はもちろん清掃の上トーンホール調整。バネが湾曲になってなかったのでバネも手を入れております。

元々ついていたタンポはまだしっとり柔らかくまだ使えそうなのでストックしておきます。あまりお勧めいたしませんが「どうしても安く上げたい!」というお客様の要望ありましたらこの古タンポを使ってタンポ交換なんかもしております。(大抵仲間内とか・・だってね・・交換作業自体は新品の方が手間かからないのよw)

こんなんね・・まだ山も深くないし勿体ないw

只今HP作成本職さんに頼んで「BRASSWORKオンラインショップ」を作成して頂いております。オンラインショップに載せる商品はあれど・・殆ど注文頂いた後調整になりそうです。少しでも即納出来るよう頑張って作業しなくては・・と思う今日この頃・・。

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします!

今年最初の営業!初日に誰も来なかったら寂しいなぁ~・・・などと思っておりましたがお客様第一号登場!良かった~・・ありがとうございます!

さて?今年一年どうなるやら?多分・・そんなに変わりませんw
一つ々コツコツとお客様が気持ちよく演奏出来るよう丁寧に修理・調整出来るよう気持ち入れて頑張ります!よろしくお願いいたします。

メインページにも書きましたが「ブラスワーク・ネット通販ページ」を2月・3月には復活させます!ご期待下さい。

小物もう少し充実させたいなぁ~・・特にリードの要望が多いので少し種類増やそうかな?
3月にはまた「マーマデュークミュージックの宮武さん」来店リフェース会が決まっております。
10月はまた上海出張があります。
小型旋盤(玩具みたいなやつ)が手に入ったので旋盤練習がてら木製エンドキャップなんぞ作りたいなぁ~。

etc・・・ん?色々やる事あるかも?頑張ります!

年初第一号入荷サックスは・・・・

「変態SELMER SBAアルト」w

SELMER SBA ALTO

何が変態か?は写真を見て普通とは違うところを探してみて下さい。
暫くお店には出せないなぁ~・・タンポ交換オーバーホール必要です。
どんな音が出るやら?楽しみです。

改めて今年一年よろしくお願いいたします!

Half Note置き楽器

札幌にあるジャズバーのHalf Noteの置き楽器。

なんと!贅沢な名機YAMAHA YAS62S初代!

初代JガードYAS62S

お店のオーナー(?)安斉さんが昔使っていたらしい。ず~と寝かしていたのですがこの度置き楽器として提供するみたいです。

なんとまぁ贅沢な置き楽器です。予算の関係でタンポ交換とまではいきませんでしたが・・左手・右手キーは付け直しを行い、駄目なコルクなど交換して復活しております。(タンポ交換の方が早いかも?w)

是非、62Sに興味ある方吹きに行かれては?良い楽器ですよ。
(修繕前引き上げる時は「置き楽器」と言っておりましたが気が変わっているかも?ですので店に連絡確認の上よろしくお願いいたします。)

最近思う事

なんていうか・・Selmer離れが起きていると思う。
僕の学生時代は選択種が無く「いつかはセルマー!」という思いがあったが最近では台湾製の良質な楽器が多数でております。そんな中で高価なセルマーを選ぶ必要があるのか?疑問に思います。

現代の音楽にはやはり現代の楽器が合っているような気がします。明るく響きより透明感がある美しい音。軽い息通りでよく鳴る楽器、その分運指に集中できる。近年のマウスピースの進歩と合わせてより「音を出す」という行為が簡単になっている。「音抜けが」「楽器を育てる」という行為が煩わしい。(この行為って僕的には自分の進歩なのでは?とも思うけど)

職業ミュージシャンは別として趣味でサックスを楽しむ方にタイプがあります。「演奏(音楽)を楽しむ」「音を楽しむ」「眺めて楽しむ(番外)」そのタイプの組み合わせ強さ割合で選ぶ楽器が変わるかも?

演奏(音楽)主体で仲間と音楽を楽しんでいる方はもうビンテージやらセルマーやらチョイスする必要ないかも?
でも・・50年代~もしくはもっと古い音楽と時代に憧れその風合いを求めているのでしたら台湾楽器は無いね。あの音はなかなか現代楽器では出ません・・・なぁ~んて言い切るのは楽器屋のオヤジだけかも?